ガラス工房を訪ねる~本郷葉子さんとのおしゃべり その弐

8月4日からの「本郷葉子 硝子展」に先立って、先日本郷さんにお話を聞かせていただきましたが、その流れで、「じゃあ作ってるところを見に来たら」という話になり、今回は店主がガラス工房で制作中の本郷葉子さんを訪ねました。




前日にわざわざ「火をガンガン焚いているので、ものすごく暑いですよ。着替えとタオルと飲み物をお忘れなく」とご連絡してくださった本郷さん。灼熱の砂漠地帯で1年ちょっと過ごしたことのある店主は、「暑いのは大丈夫」と言って出かけていきましたが、工房からの帰還後、開口一番「いやー、すごいわ本郷さん。あんな暑い中で一つ一つ手間暇かけて作品作ってる」と感心しきり。「今日工房を訪ねて、作業を見たら、本郷さんのこと前よりもっと好きになったよ。それぞれの手が同時に別々のことをしているんだ。集中が途切れ、油断したら作品が駄目になるだけじゃなく、本人も大やけどをするかもしれない。あそこまで大変なことだとは思っていなかった」

話を聞いているのと、実際に現場で制作の様子を目にするのは全く違ったようです。



私自身、お話を聞かせていただいたときは、「うわー、そんなにたくさん工程があるんですね。暑い中大変ですねー」なんてのんきに言っていたのですが、店主が撮影してきた動画を見ただけで、聞きしに勝る過酷な作業だということがわかりました。

本郷さん、「ご飯を作るのと一緒ですよ」っていってらっしゃいましたが、いやいや、違いますって。私が愛用する小さなグラス一つを作るために、何度竿につけたガラスを燃え盛る炉の中(ネット情報では1300度!)に入れて出して形を整え、を繰り返すのか。本郷さんの着ている青いつなぎはもちろん汗びっしょりです。

工房をレンタルしての作業時間は約4時間。たくさんの方がレンタルを希望されているそうなので、そんなに頻繁に工房を使えるわけではないのでしょうから、その4時間の間に注文を受けたり次の展示会に出品したりする作品をいくつも作らなければならない。思ったように仕上がらなかったものは、ある程度できていても作品にはならず、原材料に逆戻りするそうです。

「作っているときは集中しているので暑さはあまり感じないんですよ」とおっしゃっていましたが、その日の体調の良しあしもある中で、決められた時間内に作品を制作しなければならない。まさに真剣勝負ですね。




一つ一つ慈しむように濡れた新聞紙で形を整え、景色を施されて出来上がった作品。そこに、工業製品にはない温かみや優しさがあるのは至極当然のことだと納得できました。「同じものが作れない」と自嘲気味におっしゃいますが、同じものがないということは、使うものにとっては世界でたった一つの自分だけの硝子作品を使っているという小さな喜びにつながります。




工業製品と手作りの品。どこが違うの、と考えたことはありますか? いろんなご意見があるかと思いますが、私は「気」じゃないかと思います。そこに込められた作り手の「気」。「エネルギー」と言ってもいいかもしれませんね。目に見えないですから、私もそんなものあるの、と言われたら「ある!」と断言はできませんが、使う人のことを考え、たくさんの汗を流しながら丁寧に作られた品には、使う人を元気にするエネルギーが込められているのではないかと思います。

その「気」を必要としている人がどこかにいるから、たとえ過酷な作業でも、それを作り続けよう、と思う人がいるのかもしれませんね。




本郷さんが硝子制作を続けるモチベーションは何なんだろうと、ますます知りたくなりました。


というわけで、今回は「おしゃべり」はあまりできなかったのですが、「本郷葉子硝子展」会期中に「アーティストトーク」を予定していますので、ご興味のある方はぜひ、本郷さんのお話を聞きにいらっしゃいませんか?


硝子にとどまらず、様々な芸術や文学にも造詣の深い本郷さん。きっと楽しいお話を聞かせていただけると思います。


本郷葉子 硝子展

2021 8/4(水)~9(月)

Open10:00~18:00(最終日~17:00)

会期中無休 後援:北日本新聞社



アーティストトーク

8/7(土)18:00~20:00

宵の硝子と灯りの時間をご一緒にいかがですか?

硝子の中に揺れる優しい蝋燭の炎を眺めながら、本郷葉子さんの硝子作品制作に関する想いや、その他もろもろの楽しいお話に耳を傾けましょう。

定員:7名 参加費:無料 ソフトドリンクと軽いおつまみをご用意する予定です

お申込み・お問い合わせはアリアナまでお願いいたします

TEL.076-491-3465

E-mail:arianakilim@gmail.com

LINE公式:@210dbprp


#硝子

#本郷葉子

#ガラス作品

#ガラス作家

#ガラス工房

#工房見学

#ガラス

#ガラス制作