20年目を迎えました

 正確には1999年の4月に富山市三番町に店をオープンしたので(と店主は言っていますが、月まではよく覚えていません。雪が降っていなかったし、暑くもなく、秋でも無かったような気がするので、4月なのだろうと・・・)、2000年で丸一年、ということは2020年で20周年、ということは本当は20年目。というわけで、お客様に発送するための葉書が届いたら、訂正せねばならぬようです(涙)。「もう20年だね」と指摘され、ああそうかと自分でも驚いて、深く考えずに20「周年」と書いてしまった、早とちりな自分です。

 結構葉書は良い出来だと自画自賛していたのですが。20周年は来年ですね。2020年に20周年ということで語呂が良いです。と自分を慰めています。

 気を取り直して、間違いはともかく、20年もの長い間、この小さな店を続けてこられたのは、自分でもとても不思議な感じです。何のコネも、日本での商売経験もなく、ポンコツ車で坂道を無理やりのぼるような感じでも続けてこられたのは、本当に沢山のお客様や友人、作家さん方、家族に助けていただいたのだと、思い返すとただ「ありがとうございます」という言葉しか出てきません。

 店主は来日後、3年間造園工事の会社でお世話になったのですが、どうしても若い頃(1983年頃)からずっと続けてきたキリムの仕事がしたいと、見切り発車のような感じでアリアナインポートという名前で、エスニックの輸入雑貨とキリムを扱うショップとしてオープンし、その後、高山や金沢で1年ずつ店を出店したりしながら、現在の富山市石金に落ち着いたのは、15年ほど前でしょうか・・・。よく覚えていません。

 手持ちの資金もあまりなかったので、今に比べるとほんとうに少ない枚数のキリムや絨毯でスタートして、20年かけて少しずつ増やしてきた感じです。

 店主は、商売というよりも、キリムや手織り絨毯が心から好きなので、一枚でも多く、良いものを見つけてご紹介したいという気持ちが強く、キリムや絨毯はオープン当初に比べてかなり増えたのですが、商売として大きくなるのとは無縁な感じで、規模としては相変わらず小さい店のままです。

 さて、改めて、20年目を迎えられるまで支えてくださった沢山の皆様に心から感謝を申し上げます。そしてまた、今もなお素晴らしい織物を織り続け、私たちに供給してくださる、遠い店主のふるさとの織手の方々に敬意を表します。

 これからも織り手の方々と、日本のお客様の間をつなぎ、素晴らしい織物を皆様にお届けできるよう努力していきますので、今後ともお引き立てのほど何卒よろしくお願いいたします。


追記:アリアナの歩みの中で忘れてはならないのが、来日後、3年間お世話になった造園工事会社の皆さんのことです。全く日本語が分からない店主に辛抱強く仕事を教えてくださり、すぐに仲間のように受け入れてくれ、「まる」と呼んで、3年間とても仲良くしてくださいました。退職して店をオープンするときは、「うまくいかなかったら、いつでも戻って来いよ(笑)」とあたたかく送り出してくれました。店主が日本で店をやってこられたのは、造園会社での3年間で生きた日本語に触れ、飾り気ない日本人とのコミュニケーションがあったからだと思います。これが大きな財産になりました。やはり出会いは大切です。

 

  

こちらがこちらが1999年にオープンした時の3番町のお店です。

なかなか良い雰囲気だったのですが、その頃は店づくりも良く分からず、それなりに広いスペースを活かしきれていませんでした。懐かしいです。



絨毯とキリムの専門店

Ariana Kilim & Art Gallery

TEL.076-491-3465

〒930-0966 富山県富山市石金1-10-1

​​E-mail:arianakilim★gmail.com

※★を@に変えて入力してください​

定休日:月・火(展示会開催時は営業する場合があります)


 

  • アリアナのFB
  • アリアナのインスタ

copyright©2018 Ariana all rights reserved.

文章・写真等の無断転用を固くお断りいたします