NAKAO富谷店さんでの展示会を終えて


6月24日~29日の6日間、NAKAO富谷店さんで展示会を開催させていただきました。


数年ぶりの東北での展示会、八戸市や盛岡市にもお邪魔したことがあったので、富谷市までの7時間のドライブは、疲れるけどそれほどでもない、という感じのようです。 アリアナ店主は途中に磐梯山が見えてくるのが好きなようで「バンダイが見えた」とメッセージを送ってきます。そのあたりまで行くと、だいぶん近くまで来たなとほっとするのでしょうか。






NAKAOさんには、同じ宮城県に住む藍染工房野風の八卷秀夫さんからのご紹介で、今回初めて出展させていただきました。


到着してすぐに、なんてきれいな場所なんだと感嘆のメッセージを送ってくる店主。

私はまだ宮城県を訪れたことはないのですが、「杜の都」と呼ばれる仙台市に隣接した富谷市も、とても緑豊かな土地のようです。


とにかくNAKAOさんに着いてからも、お店の雰囲気が素晴らしいと、ずっとハイテンションでぱたぱたと写真を送ってきます。
















NAKAOさんは、素敵な器などを扱っているショップとお洒落なカフェ、ギャラリースペースで構成され、平日でも開店時間からたくさんのお客様が訪れる、地元でも人気のスポットのようでした。


今回何よりも店主を喜ばせたのは、NAKAOさんの社長をはじめとするスタッフの皆様の温かさ。

還暦を迎えた店主には、たくさんのキリムや絨毯を積み込んで展示会に出展するのはなかなか大変な面もあるのですが、そういう出会いがあるから、各地でのキリム・絨毯展開催はやめられないようです。


また来年、すてきなNAKAO富谷店のスタッフの皆さんとお客様に会えますように。


因みに、富山から宮城までは高速バスが出ています。今回、一緒に搬入に行って、初宮城を楽しんで、高速バスで帰ってこようと思っていたのですが、残念ながら現在宮城までの高速バスは運休していました。早く再開するといいですね。


旅はやっぱり素晴らしいですね