アリアナで開催する催しのお知らせ

アリアナ1Fは

2022年10月7日からオーガニックのセレクトショップ+イベントスペース

Natural Life Market Mango Penguin になりました

1620530057547.jpg

アリアナ1F Mango Penguinではオーガニック食品の販売だけでなく、食や健康に関する催し、カフェイベントなども開催しています。

​ぜひMango PenguinのHPをチェックしてみてください↓

https://manpen2022.wixsite.com/toyama

昨年暮れ、店の片隅に小さな自然食品のコーナーを設置してみました。

4月からは新しい駐車場の奥に菜園をつくり、以前から興味があった無肥料無農薬の野菜作りにも挑戦しはじめました。

そして、自然食品や自然素材、オーガニック、自然栽培の魅力を伝えていく仕事をもっとやりたいと感じました。

 

アリアナは素材すべてが自然素材、手仕事で作られた絨毯・キリムを販売するお店です。

そういった意味では、20年以上前から自然素材の品を扱ってきたといえます。

そして、今後も手織りキリム・絨毯の魅力を富山県内だけでなく、全国各地でもご紹介していこうと思っています。

 

それと並行して、今後はショップの1Fを、自然食品や自然素材の品を紹介し、その素晴らしさを伝えていくためのナチュラルライフ・マーケットとして本格的にこの秋からオープンしたいと思っています。最初は小規模ですが、少しずつ育てていきたいと思っています。

ショップの名前は「Mango Penguin」です。

 

2Fは従来通り、「手織りキリムと絨毯の専門店 アリアナ」

1FはNatural Life Market「Mango Penguin」

 

1Fは、自然食品・自然素材の販売だけでなく、ワークショップやイベントなども行う場所にしていきたいと考えています。

 

これに伴い、今まで行ってきたギャラリーとしての営業は、8月初めに開催した「Yoichi TAZOE風景画展」を最後に一旦終了します。

 

ギャラリーにご来場いただいた皆様、展示会を開催してくださった作家の皆様、今まで本当にありがとうございました

おかげさまで、お客様と作家さん、あるいはお客様同士など、たくさんの素敵な出会いが生まれ、私たち自身もたくさんの方々に出会い、本当に楽しい時間をすごさせていただきました。

 

今後は、Natural Life Market を通じて、たくさんの素晴らしい、楽しい出会いや時間を紡ぎだしていけたら嬉しいなと思っております。作家さんの作品のご紹介も続けていきたいと思っています。

 

皆様、今後とも、アリアナと新しく始めるMango Penguinを何卒よろしくお願い申し上げます!

  • Instagram

Mango Penguinの情報などを発信しています

終了しました

8月1日(月)~7日(日)

Yoichi TAZOE風景画展

営業時間:10:00~19:00

後援:北日本新聞社
 

作家プロフィール 田添 揚市氏 (Yoichi TAZOE)

1971年富山市生まれ。金沢美術工芸大学 美術工芸学部 美術科で油絵を学ぶ。一つの技法にとらわれることなく、それぞれの技法の特徴を活かしてさまざまな表情の風景を描く。

晩夏(アクリル画M6).JPG

 

終了しました

7月2日(土)~10日(日)

アトリエフィスクの革バッグとKAKIの家具

*期間中のお休み 7/5[Tue]


 

フィスク・KAKI2022.PNG

 

終了しました

6月8日(水)~6月12日(日)

谷帽子展

谷 和彦氏のプロフィール

1978年愛媛県生まれ。2001年に文化服装学院を卒業し、2006年に新潟に移住。

2010年より「谷帽子」をはじめて、翌年以降全国各地で「帽子展」を開催。

2015年からは富山県南砺市利賀村に工房を移転し、帽子だけではなく衣服の制作も行っている。

  • Instagram

谷帽子さんインスタ @uwabatake

 

終了しました

5月18日(水)~5月22日(日)

SOW ナラサキシノブ
春夏の綿衣展

ラオスやインドの手織り綿やナラサキシノブさんが自ら染めた藍染の綿を使って

1点ずつ丁寧に作られたSOWの春夏コレクション展(服・バッグ・小物)です

           SOWのインスタ instagram@sinoak

  • Instagram
37279.jpg

終了しました

4月22日(金)~5月1日(日)

JARA SARA-CZECH GLASS

ヤラ・シャーラ チェコグラス展とワークショップ

Jaroslav Šáraヤロスラフ・シャーラ氏

チェコ共和国出身

Kamenický Šenov応用芸術・ガラス高校、Nový Borガラス・カレッジでガラス彫刻の学位を取得後、Jan Evangelista Purkyně大学美術・デザイン芸術学部で古典的なガラス彫刻を学び美術修士号を取得。

ガラスの美的・光学的な資質を強調しながら、千年の歴史を持つチェコの古典的なガラス彫刻の技術を現代のガラス製品や装飾照明、建築などに応用し、伝統工芸に異なる文脈で新たな息吹を吹き込む。

指導者としてチェコ国内外の多くの教育プログラムに携わり、また数多くのガラススタディオやアーティスト、デザイナーとのコラボレーションも行う。

2019年に来日し、富山ガラス造形研究所の准教授として教鞭をとるとともに、展覧会などに出品

YARASARA2022表.PNG